ニューヨーク証券取引所のLINE上場を記念する装飾=2016年7月14日、清水憲司撮影
ニューヨーク証券取引所のLINE上場を記念する装飾=2016年7月14日、清水憲司撮影

IT・テクノロジーネットから読み解く経済・社会

LINEが直面する「ポータル化」のジレンマ

まつもとあつし / ジャーナリスト

 無料通信アプリなどを展開するLINEは2017年1月25日、16年12月期決算を発表しました。同社の言う「日本、台湾、タイ、インドネシアの主要4カ国」で成長は続くものの、グローバル月間アクティブ利用者数(MAU)は、11年のサービス開始以来初めて減少に転じました。

 同社の出沢剛社長は昨年7月の日米同時上場の際、「陣取り合戦は終わった」と発言しています。今後は主要4カ国でシェアを守り、その中での成長を目指す方向に潮目が変わったと言えますが、LINEははたして盤石なのでしょうか。それを考えるために、携帯電話とサービスを巡る主導権争いの歴史を振り返りましょう。

この記事は有料記事です。

残り2371文字(全文2652文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。