経済プレミアインタビュー

史上最高益でも賃上げに踏み込まない企業の異様さ

編集部
  • 文字
  • 印刷
ホワイトボードに書き込まれる各社春闘の回答(3月15日)=宮武祐希撮影
ホワイトボードに書き込まれる各社春闘の回答(3月15日)=宮武祐希撮影

熊野英生・第一生命経済研究所首席エコノミストに聞く

 1月から物価(消費者物価コア指数)がプラスに転じた。この春にはいくつかの値上げも予定されている。物価はこのまま上昇していくのか。一方で賃金は物価の伸びについていけるのか。第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストに聞いた。

 ──消費者物価指数(除く生鮮食品)が13カ月ぶりに前年比でプラスに転じました。デフレからインフレに向かう兆しはあるのでしょうか。

 ◆熊野英生さん 生鮮食品を除く消費者物価指数は昨年3月からずっと前年比でマイナスでしたが、この1月…

この記事は有料記事です。

残り1975文字(全文2228文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz