「細巻き三種盛り」(1280円税込み、以下同)。内容はおまかせで、マグロ系が必ず一種入る
「細巻き三種盛り」(1280円税込み、以下同)。内容はおまかせで、マグロ系が必ず一種入る

くらしこの酒場この一品

旬魚に旬野菜 博多“新感覚”細巻きずしは酒席の主役

印束義則 / ライター

福岡・博多「博多丸秀 本店」

 細巻きずしは握りずしに比べ、どこか脇役的なイメージがある。盛り合わせのすしを頼めば、脇にちょこんと添えられているし、どう考えても握りずしの方が華やかだ。だが、細巻きずしを侮ってはいけない。いろいろ飲み食いする途中ではし休め的に注文すると、これが何ともすばらしい魅力を発揮する。

 すし店はもちろん、最近は居酒屋でもすしを提供する店があるが、細巻きずしを途中でちょいとつまむと、起…

この記事は有料記事です。

残り1359文字(全文1562文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。