ニッポン金融ウラの裏

高リスク外債に手を出した「アマチュア地銀」が大損失?

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ニューヨーク証券取引所
ニューヨーク証券取引所

 地銀など地域金融機関が、外債運用に失敗したという話がある。海外市場の激変が背景にあるようだが、果たして、要因はそれだけなのか。

 地域金融機関が外債運用を積極化させてきたのは国内の資金運用難が際立ってきたからだ。地方経済の停滞による貸し出し難に加えて、量的緩和政策からマイナス金利政策へと金融緩和の度合いが進んだ。この結果、貸し出しの利ザヤが極端に悪化するとともに、運用の比率を高めていた日本国債の利回りも下がり、国内の総資金利ザヤがこれまでにないほど悪化した。外債運用は、それをカバーするためだった。

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1583文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。