部下を伸ばす上司 ダメにする上司

上司の自信満々の言葉に新入社員は勇気づけられる

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 来週はもう4月。新年度が始まり、新入社員が職場にやってきます。筆者はこの時期いつも、新卒で配属された職場の上司に言われたことを思い出します。

 「お前を他の新人の2倍のスピードで育ててやる。そのためには残業もたくさんさせるだろうし、顧客のところにもどんどん行ってもらう」──そんな言葉でした。

 初対面の時に言われました。上司は、筆者の能力や性格すら知らなかったでしょう。それなのに、自信満々なのが不思議でした。ただ、筆者を見込んでのことではなく、単なるハッタリだろうと思っていました。

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1528文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。