米ウェスチングハウスの米連邦破産法11条の適用申請について記者会見した後、退室する綱川智・東芝社長=2017年3月29日、根岸基弘撮影
米ウェスチングハウスの米連邦破産法11条の適用申請について記者会見した後、退室する綱川智・東芝社長=2017年3月29日、根岸基弘撮影

政治・経済東芝問題リポート

「WH破産で債務超過6200億円」東芝は再生できるか

編集部

ウェスチングハウス破産(1)

 3月の最終週は、東芝140年を超える歴史のなかでも最も慌ただしい1週間になった。29日、子会社の米ウェスチングハウスが米連邦破産法11条(チャプター11)の適用をニューヨーク州連邦破産裁判所に申請した。東芝が2006年に買収して10年5カ月。原発建設のリスクを見誤り、多額の損失が生じた結果の選択だ。

 そして、同じ29日、東芝の半導体メモリー事業を分社化して発足する新会社の株式売却の入札が締め切られ…

この記事は有料記事です。

残り1363文字(全文1578文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz