マンション・住宅最前線

新築激減で都心マンション価格は上がるか下がるか

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
新宿の高層ビル群=2017年1月31日、小出洋平撮影
新宿の高層ビル群=2017年1月31日、小出洋平撮影

 今、マンハン(マンションハンティング)を楽しむ世代が台頭してきた、と前回リポートした。そのマンハン世代にとって、「マイホームが値上がりした」のは、強烈な成功体験となっている。

分譲時「高すぎる」と言われた23区超高層マンション

 しかし、現時点の「値上がりマンション」が新築分譲された数年前、マンハン世代の多くはおっかなびっくり購入をしていた。そのころ新規分譲を始めた東京都心の物件に、目黒区「クロスエアタワー」や新豊洲「スカイズ タワー&ガーデン」などがある。

 それらは、東日本大震災直後の2011年相場から分譲価格が上昇したところで、売り出された。そのため、…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1155文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。