経済を読む

スイカもナナコもビットコインも「電子マネー」

塚崎公義・久留米大学商学部教授
  • 文字
  • 印刷

 電子マネーという言葉は、人によって使い方が異なるようです。たとえば日銀のホームページには「ひとつの整理としては、金銭的な価値をもつ電子的なデータということができます」とあります。

 最も代表的なのは、スイカやナナコといったプリペイドカードでしょう。たとえばスイカば、発行者のJR東日本に現金等を渡し、カードに電子的なデータを記録(チャージ)してもらいます(初回は、カードの交付も受けます)。

 チャージされた金額は、JR東日本など交通機関の利用やコンビニでの買い物に使うことができます。JR東…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1456文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

塚崎公義

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関係の仕事に従事した後、2005年に銀行を退職して久留米大学へ。「退職金貧乏 定年後の『お金』の話」「老後破産しないためのお金の教科書」「増補改訂 よくわかる日本経済入門」「世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書」「なんだ、そうなのか! 経済入門」など著書多数。