タンスにしまわれている現金がたくさん?
タンスにしまわれている現金がたくさん?

政治・経済経済プレミア・トピックス

「43兆円タンス預金」が今後も増え続ける理由

熊野英生 / 第一生命経済研究所 首席エコノミスト

 日本の現金の残高は2016年末に102.4兆円と過去最高に達した。国民1人当たり約81万円という計算になる。常時81万円の現金を家に置いている人はそう多くはいないので、どこか特定の人がもっと多額の現金をまとまって持っているということだ。

 筆者の試算では、102.4兆円のうち43.2兆円が「タンス預金」だとみている。ここ数年、1万円札の発行残高の伸びが1000円札のそれを数%上回っている。1000円札でタンス預金をする人はいないので、この伸び率の差の積み上がりがタンス預金になっていると考えられる。

この記事は有料記事です。

残り1531文字(全文1782文字)

熊野英生

熊野英生

第一生命経済研究所 首席エコノミスト

1967年山口県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。90年、日本銀行入行。調査統計局などを経て、2000年、第一生命経済研究所入社。11年4月から現職。専門は金融政策、財政政策、金融市場、経済統計。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
 

銀行が庶民に嫌われる理由“二つの事例”で考えてみた

 銀行の個人ローン戦略は整合性がとれているのか。今回は、各銀行が注力する個人ローン営業を借り手の側からみた場合に、どのような事態が…

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモが新料金プランの「ギガホ」と「ギガライト」を6月に始める

ドコモが6月から新料金「分離プラン」は定着するか

 NTTドコモが、6月から新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」を導入する。最大4割値下げするとうたわれていたプランで、端末の購入…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ大陸側から欧州を見たジブラルタル海峡。対岸にジブラルタルの岩山が遠望できる(写真は筆者撮影)

「ジブラルタル海峡」欧州とアフリカが行き交った地

 ◇ジブラルタル海峡編(1) ナポレオンは「ピレネー山脈の南(スペイン)はアフリカだ」と言ったという。確かに山脈の南のイベリア半島…

メディア万華鏡
社会学者の上野千鶴子さん=東京・井の頭公園で2017年1月11日、中村藍撮影

上野千鶴子さん東大入学式スピーチの「#MeToo」

 日本版では女優の常盤貴子さんが主人公を演じ好評だった米国の大ヒットドラマ「グッド・ワイフ」のシーズン6を見ていたら、あまりにも分…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…