部下を伸ばす上司 ダメにする上司

現場好き新任管理職に必要な「仕事の楽しみ方」

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 この春、初めて管理職になった人もいるでしょう。これまでフラットに付き合ってきた同僚や仲間たちに指示や命令を出したり、時には叱ったりすることもあるかもしれません。上司の立場になると、周囲の人たちとの関係から、気持ちの切り替えが難しいこともあります。

管理職になって戸惑った「自分の存在意義」

 筆者は初めて管理職になった時、戸惑いました。自分の存在意義がわからなくなったのです。もともとはITの技術者です。管理職になるとプログラムを作ったり、システムを設計したりする現場から離れざるを得ません。

 部下の労務管理やチームのコスト管理をしながら、いくつかのプロジェクトを遠目に見ているような状態にな…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1684文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。