もっちりした食感で食べ飽きない充麦のバゲット=小高朋子撮影
もっちりした食感で食べ飽きない充麦のバゲット=小高朋子撮影

 かむほどに、小麦の豊潤な甘さと、どこか懐かしい香りが広がる。ハード系生地の「充麦(みつむぎ) 全粒粉バゲット」(360円)は、食卓にいつあっても食べ飽きない味だ。神奈川県南東部・三浦半島産の食材を使ったパンは、どれももっちりとした食感で種類も豊富だ。

三浦半島の奥にある客足の絶えないパン屋

 三浦半島の南部に位置する三浦市。海と山の自然に恵まれた土地に「三浦パン屋 充麦」はある。最寄り駅の京浜急行久里浜線の終点・三崎口駅から徒歩20分と、決して良い立地といえないが、客足は絶えない。

 地元の人だけでなく、うわさを聞きつけて東京都内から訪ねてくる人も多いという。パンを選ぶ誰もが笑顔な…

この記事は有料記事です。

残り2098文字(全文2390文字)

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

転職する27歳男性が驚いた「最後の給与」の手取り額

 A太さん(27)は4年間勤務した会社を3月末に退職し、4月から新しい会社に転職して1人暮らしを始めます。転職は大学の先輩に誘われ…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…