街の文化漂う 秘蔵の宿

梅田至近でぜいたくな朝食 ホテルコルディア大阪

稲葉なおと・紀行作家、一級建築士
  • 文字
  • 印刷

7776円(税込み)~

 大阪・地下鉄四つ橋線・肥後橋駅まで徒歩1分。御堂筋線及び京阪電鉄のターミナル駅・淀屋橋駅へは徒歩5分。地下鉄に乗れば梅田・大阪までわずか2分、京阪に乗れば京都・祇園四条まで50分ほどで着いてしまう。

 事前にこうした利便性については理解していたのだが、訪ねてみて、ここにはまた別の魅力があることを知った。ホテル周辺はオフィス街でありながら、雑誌が「北浜・淀屋橋・肥後橋エリア」と銘打って特集を組むほどうわさの店が集積するのだ。

 夜歩いてみると、なるほど、小奇麗でおいしく、しかも安い店がいくつも見つかった。人気のたこ焼きメニューをさかなに焼酎が進むたこ焼きバル、ユッケ風ローストビーフを出す本格カレー店、半熟卵入りの肉豆腐が人気の居酒屋などなど。翌日もう一度、ビジネスマン向けのランチに訪れたくなる店も多い。

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1818文字)

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)