経済プレミアインタビュー

ひきこもり50代長男を“放置”した母の傷と世間体

編集部
  • 文字
  • 印刷

精神疾患の人とその家族をどう守るか(1)

 精神疾患の人を説得して医療機関に移送するスペシャリスト、押川剛さん(48)が今年3月、「子供の死を祈る親たち」(新潮社)を出版した。押川さんが関わった精神疾患の人とその家族の実態を描いた壮絶なドキュメントで、今の精神科医療と行政、法制度、家族への提言も収めている。押川さんに実例と精神保健福祉の実態を聞いた。2回に分けてお届けする。【田中学】

 押川さんは1992年、神奈川県で警備会社を創業。96年、精神疾患の人を説得し医療機関に移送するサー…

この記事は有料記事です。

残り2579文字(全文2821文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz