本体のすぐそばに投影できタブレットのようにタッチで操作できる「エクスペリアタッチ」
本体のすぐそばに投影できタブレットのようにタッチで操作できる「エクスペリアタッチ」

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

ソニー・プロジェクター「エクスペリアタッチ」の新境地

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 ソニーモバイルは、スマホと同じ「エクスペリア」ブランドのプロジェクターを発表した。名称は「エクスペリアタッチ」で、6月24日の発売を予定。4月20日から予約を受け付けており、価格は約15万円になる。

 エクスペリアタッチは、ソニーが「ライフスペースUX」として展開してきた超短焦点プロジェクターと、ソニーモバイルが培ってきたスマホの技術を合わせた商品。基本ソフト(OS)にはスマホと同じアンドロイドを採用しており、床や壁に投影した映像に、指で直接タッチして操作することができる。

 画面は操作時は23インチ程度の大きさだが、本体を壁から離すことで、最大80インチ程度まで拡大が可能…

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1840文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。