MRJが世界を飛ぶ日

瀬戸際MRJはパリ航空ショーでデビューを飾れるか

編集部
  • 文字
  • 印刷
最終組み立て工場で製造されるMRJの6号機(手前)と7号機=三菱航空機提供
最終組み立て工場で製造されるMRJの6号機(手前)と7号機=三菱航空機提供

 国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)は2020年半ばの量産1号機納入に向けて開発が行われている。

 製造を行う三菱航空機の水谷久和社長は4月26日の会見で、6月にパリ近郊のルブルジェ空港で開かれるパリ航空ショーにMRJを展示する準備を進めていることを明らかにした。現在アメリカで試験飛行中の4機のうちどれか1機をパリに飛ばす予定だ。

 国際航空ショーは、パリとロンドンのファンボロー航空ショーとで交互に毎年開かれている。これまでMRJ…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1870文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz