マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

優秀な証券営業マンが独立アドバイザーに転じる理由

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 「IFA」と呼ばれる独立系ファイナンシャル・アドバイザーは、証券会社に属さず、独立した立場で顧客に投資アドバイスを行って投信などを販売する。1980年代後半以降に米国で証券リテール革命が起き、そのなかで生まれた職種だ。近年、わが国でもIFAの存在感が増してきた。前回のコラムで紹介した福田猛・ファイナンシャルスタンダード社長はその一人である。

 今、福田氏のように、証券会社を退職してIFAを目指す営業マンが増えている。ネット証券専業大手の楽天…

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1569文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。