経済プレミア・トピックス

人気レストラン列車「52席の至福」はディナーが狙い目

田中学・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
西武鉄道が運行するレストラン列車「52席の至福」=2017年4月25日、田中学撮影
西武鉄道が運行するレストラン列車「52席の至福」=2017年4月25日、田中学撮影

 「旅するレストラン 52席の至福」という一風変わった名前の列車が人気です。景勝地などを周遊する観光列車はありますが、「レストラン列車」というのはあまり耳にしません。昔、新幹線にあった食堂車とも違いそうです。運行する西武鉄道の担当者に話を聞き、実際に内部を見てきました。2回に分けてお伝えします。

 西武鉄道は、東京都心の新宿(西武新宿駅)から埼玉県西部の所沢を経由して川越(本川越駅)を結ぶ新宿線(47.5キロ)と、池袋から所沢を経由して飯能、秩父(西武秩父駅)に向かう池袋・秩父線(76.8キロ)の二つの主要路線があります。

 筆者は東京生まれ埼玉育ちで、長く西武線沿線で暮らし、多くの利用者と同様に通勤・通学の足としていました。当時は、レストラン列車といったユニークな取り組みはありませんでした。

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2354文字)

田中学

経済プレミア編集部

1979年東京都生まれ。中央大文卒。出版社勤務を経て、2014年11月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。