スキル・キャリア江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

「不本意な異動」は自分の可能性を探すチャンス

江上剛 / 作家

Q 不本意な異動をさせられたら?

A 不遇のときにこそ、自分の得意技を磨きましょう

 人事に左遷なしとはよく言われることだが、実際は違う。あなたにとっては不本意な異動があるだろう。

 しかし自分自身の評価というのは他人の評価の2割増しだという。企画部に行きたかったのに営業部になった。これもなぜ企画部に行きたかったのかを考えればよい。企画部でこんな企画をしたいというよりも、エリート風を吹かすことができるからというのでは、企画部に行っても役に立たない。

 実際の異動があったとき、それはどのように不本意なのかを冷静に考えればよい。そうすれば案外、その異動…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1478文字)

江上剛

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。