いよいよ決選投票。マクロン候補(左)とルペン候補
いよいよ決選投票。マクロン候補(左)とルペン候補

グローバル経済プレミア・トピックス

権力への執念ルペンvs脇甘マクロン 最終決戦の行方は

渡邊啓貴 / 東京外国語大学大学院 総合国際学研究科教授

 フランス大統領選は5月7日の決選投票を目指し、第1回投票でトップのエマニュエル・マクロン前経済相(39)と同2位で極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)の2人が激しい戦いを続けている。

 5月1日のメーデー、両候補は数万人規模の大決起集会をパリで開催し、舌戦を繰り広げた。両候補はパリで数万人規模の決起集会を開催、両者ともに相手を攻撃することに終始した。ルペン氏はマクロン氏を資本家・エリートの代表と批判し、マクロン氏はルペン氏をうそつきと痛罵した。

 いまのところマクロン氏が優位とされるが予断を許さない。はたしてトランプ現象と同様のことはフランスで…

この記事は有料記事です。

残り2247文字(全文2531文字)

渡邊啓貴

渡邊啓貴

東京外国語大学大学院 総合国際学研究科教授

1954年生まれ。東京外国語大学卒業、パリ第一大学大学院博士課程修了。パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授。シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、『外交』編集委員長、在仏日本大使館広報文化担当公使などを経て現職。著書に「ミッテラン時代のフランス」「フランス現代史」「ポスト帝国」「米欧同盟の協調と対立」「ヨーロッパ国際関係史」「シャルル・ドゴール」「現代フランス」「アメリカとヨーロッパ」(近刊)など多数。