部下を伸ばす上司 ダメにする上司

成功自慢よりはるかに役立つ先輩の“失敗談会議”

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 職場に新入社員がやってきて1カ月が過ぎたころです。新入社員研修中で、まだ現場に配属されていないこともあるでしょうが、彼らにはすでに初任給が出たことでしょう。

 初任給や初めての賞与をもらった時の気持ちは、格別なものです。不安と期待が入り混じる緊張の日々を過ごし、仕事や研修にいそしむ中で実際に給与などを手にすれば、「よし、がんばろう」と決意も新たに前向きな気持ちになるはずです。

 筆者はIT企業で管理職を務めていた時、そうしたタイミングで新入社員たちを集めてあるミーティングを行…

この記事は有料記事です。

残り1352文字(全文1591文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。