社会・カルチャーベストセラーを歩く

フォーサイスが自伝「アウトサイダー」で描く数奇な人生

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 私は自分を元気づけてくれる本が好きだ。私に力を与えてくれる本には、いろいろな種類があるが、したたかな人物が社会のあり方や人間の業を踏まえたうえで、前向きに豊かな日々を生きる物語も、その一つだ。あまり理想主義的だと疲れてしまう。

 フレデリック・フォーサイスの自伝「アウトサイダー 陰謀の中の人生」(黒原敏行訳、KADOKAWA)は案にたがわず、そういう一冊だった。多彩な経験が簡潔な文章と細かい章立てで歯切れよく描かれる。翻訳者の功績も大きいのだろう。

 フォーサイスは1938年生まれ。ドゴール暗殺計画がテーマの「ジャッカルの日」、アフリカの小国にクー…

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1748文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
 

ドコモ、au、ソフトバンク「春の学割」おトク度比較

 携帯電話市場は、2月から3月にかけての「春商戦」が最大の商戦期だ。4月に中学、高校、大学などに入学する学生や、就職を控えた新社会…

ニッポン金融ウラの裏
藤原弘治・全国銀行協会会長=小原擁撮影

全銀協会長の「貧困問題に取り組む」発言の注目度

 子どもの貧困に象徴される格差問題に対する取り組みの機運が、銀行業界に芽生え始めている。格差拡大という深刻な社会構造のなかでの銀行…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ベルリンの壁を外国人が徒歩で越えられる関門だったチェックポイントチャーリーの跡。筆者も28年前に通過した(写真は筆者撮影)

東西ベルリンの追憶「チェックポイントチャーリー」

 ◇ドイツ・ベルリン編(3) 「テロのトポグラフィー」(ナチスの恐怖政治のエスカレーションを記録した博物館)の展示に、地に沈み込ん…

メディア万華鏡
53歳の誕生日を前に記者会見をされる秋篠宮さまと紀子さま=東京都港区の秋篠宮邸で2018年11月22日、代表撮影

秋篠宮さま発言「聞く耳持たなかった」宮内庁の失態

 秋篠宮さまの53歳の誕生日を前にした記者会見。報道は見事に分かれた。11月30日の各紙朝刊は「大嘗祭(だいじょうさい)は宗教色が…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「有休取らない社員」年5日取得義務化でどう変わる

 A夫さん(46)は、社員数約50人のソフトウエア開発会社の経営者です。3年ほど前から社員の働き方を見直したり、年次有給休暇の取得…