ニッポン金融ウラの裏

豪子会社4000億円損失 日本郵政経営陣に株主激怒

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
日本郵政の長門正貢社長(左)と日本郵便の横山邦男社長=2017年4月25日、宮間俊樹撮影
日本郵政の長門正貢社長(左)と日本郵便の横山邦男社長=2017年4月25日、宮間俊樹撮影

 日本郵政株式会社による豪州子会社の巨額損失処理問題が尾を引きそうな雲行きだ。巨額損失は、日本郵政グループが2015年5月に買収した豪州物流会社、トール社に関するもので、その金額は4003億円に達する。

 今回の損失は、トール社買収によって生じた「のれん」の一括償却に伴う減損処理だ。「のれん」は買収に費やした金額と買収相手企業の純資産の差額だ。買収金額のほうが高ければ、その差額である「のれん」を計上することになる。

 日本の会計基準では、「のれん」は20年間にわたり毎年均等で償却することになっている。トールの買収後…

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1885文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。