経済プレミア・トピックス

村上春樹氏イベントで川上未映子さんが「飛び入り」対談

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
「みみずくは黄昏に飛びたつ」(新潮社)
「みみずくは黄昏に飛びたつ」(新潮社)

村上春樹氏トークイベント(3)

 4月27日夜に東京都内のホールで開かれた村上春樹さん(68)のトークイベント「本当の翻訳の話をしよう」で、客席にいた作家の川上未映子さん(40)が村上さんから招かれ、サプライズで壇上に上がった。川上さんは2008年、「乳と卵(ちちとらん)」で芥川賞を受賞している。

 この27日は、川上さんが村上さんにインタビューする対談集「みみずくは黄昏に飛びたつ」(新潮社)の発売日だった。村上さんは本のあとがきで川上さんについて、「彼女はこれまで僕が会ったどのインタビュアーとも違う種類の質問を、正面からまっすぐぶつけてきた」「そんな質問にひとつひとつ答えているうちに、僕自身考えもつかなかったような意味や風景を、僕は自分の中に見出すことになった」と述べている。そうした関係から、この日のサプライズ登場になったようだ。

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1605文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1983年毎日新聞入社。89年経済部。日銀キャップ、財研キャップ、民間企業キャップを歴任。2013年論説委員。15年経済プレミア創刊編集長。19年から同編集部。16年に出版した「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)がビジネス部門ベストセラーに。ほかに「東芝 終わりなき危機」など。16~18年度城西大非常勤講師。