知ってトクするモバイルライフ

ドコモ新「家族シェアプラン」で通話もデータもお得か

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ドコモが通話とデータを家族で分け合える新しいプラン
ドコモが通話とデータを家族で分け合える新しいプラン

 ドコモは4月27日、シェアプラン専用の「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」を発表した。これらのプランは既存の料金プランに追加される形で、利用者は自由に変更が可能。予約受け付けは5月24日から、適用開始は6月1日からとなる。

 シンプルプランは、基本使用料が月額980円となり、従来必須だった音声定額の「カケホーダイ」「カケホーダイライト」と選択する形で契約できる。カケホーダイが2700円、カケホーダイライトが1700円だっため、後者より720円安くなる格好だ。

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1776文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。