思いを伝える技術

人の話をパクっと食べてしまう「話食い」は嫌われる

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 「話食い」という言葉を聞いたことがありますか。辞書には載っていないようなので、俗語か造語かもしれません。私はずいぶん前に知人から教えられました。意味は、「人が何か話していると、途中で割り込んできて、その話に関連して自分が話したいことを話すこと」だと言います。

 人の話を途中でパクッと食べるように自分のものにしてしまうので、「食う」がついたようです。なるほど面白い表現です。たしかに、人が話をしていると、まだ話し終わらないうちに、すぐに自分の側に話題を引き寄せて話しはじめる人がいます。

 「話の腰を折る」という意味に近いですが、「腰を折る」が、話の方向を変えたり、話自体を壊してしまうと…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1799文字)

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。