経済プレミア・トピックス

チャンドラー小説の「響き」に魅せられた村上春樹氏

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

村上春樹氏トークイベント(4)

 4月27日の夜、東京都内で大きなイベントが二つ開かれていた。一つは、ポール・マッカートニーの来日公演。JR総武線・水道橋駅近くの東京ドームで、74歳になったポールが、「イエスタデイ」や「ヘイ・ジュード」といったビートルズ時代の名曲も含め39曲、ほとんど休まず、水も飲まずに歌い続けた。

 もう一つは村上春樹さんのトークイベントだ。ほぼ同時刻に、水道橋駅から7駅離れた新宿駅に近い紀伊国屋サザンホールで開かれていた。村上さんは途中、コップの水で何度かのどを潤しつつ、やや低い声で話し続けた。

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1746文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1983年毎日新聞入社。89年経済部。日銀キャップ、財研キャップ、民間企業キャップを歴任。2013年論説委員。15年経済プレミア創刊編集長。19年から同編集部。16年に出版した「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)がビジネス部門ベストセラーに。ほかに「東芝 終わりなき危機」など。16~18年度城西大非常勤講師。