マンション・住宅最前線

超大規模・1539戸有明トリプルタワーは銀座至近

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
有明トリプルタワーの外観完成予想図
有明トリプルタワーの外観完成予想図

 大規模マンションがめっきり減った都心部に、久々の注目物件が登場。まもなく販売を始める。そのマンションは、住友不動産の「(仮称)東京ベイトリプルタワープロジェクト」。

2LDK4400万円台、3LDK5900万円台から

 2020年東京五輪で注目が集まる湾岸・有明エリアに建設される3棟の超高層マンションで、総戸数は1539戸。一般的に総戸数が200戸を超えると「大規模」と呼ばれるが、その7倍以上の“超大規模”。戸数が多いだけでなく、隣接して大規模商業施設やホテルがつくられ、子育て支援施設も併設……。スケールの大きな複合開発で、17年の“目玉”となりそうなマンションである。

 その予定価格は3LDKが5900万円台から。2LDKが4400万円台から。1LDKは3400万円台…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1270文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。