スキル・キャリア江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

「会社人生あと10年」50代は仕事を楽しもう

江上剛 / 作家

Q 50代、会社人生の終わりも見えてきました

A いまさらあくせくしないで楽しく仕事しましょう

 孔子は「五十にして天命を知る」と言う。天が命じた使命を50歳で知るなんてことは、やはり孔子は特別な人だ。

 私は49歳で銀行を退職した。いろいろな思いが重なったことは事実なのだが、50歳になれば退職できないような気がしていた。私の兄が49歳でがんをわずらって亡くなったことも影響した。しかしなによりも50歳と49歳の間の1年がものすごく大きなものに思えたのだ。

 50歳になれば、私は役員になっていたかもしれない。そうなると自分は今までのように自由に振る舞えなく…

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1527文字)

江上剛

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。