記者会見を終えて退室する東芝の綱川智社長=2017年5月15日、丸山博撮影
記者会見を終えて退室する東芝の綱川智社長=2017年5月15日、丸山博撮影

政治・経済東芝問題リポート

決算発表延期で近づいた「東芝破産」の現実味

編集部

通期決算発表も延期(2)

 2017年3月期決算発表を延期した東芝は5月15日午後、綱川智社長が記者会見し、期限までに決算発表ができない理由と、暫定的な決算数値を「業績見通し」として説明した。

 会見で最も気になったのは、綱川社長の発言に力が感じられなかったことだ。綱川社長はこれまでの会見では早口ながら、語尾まで比較的しっかりと話し、東芝を再建軌道に乗せようと力を尽くしていることをうかがわせた。ところが、この日に限っては、言葉に力がなく、表情は沈んだまま。記者の質問に対して、語尾が聞き取れなくなる回答が目立った。

「業績見通し」について説明する東芝の綱川智社長=2017年5月15日、丸山博撮影
「業績見通し」について説明する東芝の綱川智社長=2017年5月15日、丸山博撮影

 米原発事業で巨額損失が明らかになった12月27日を皮切りに、綱川社長は1月27日、2月14日、3月14日、3月29日、4月11日と6度にわたる記者会見を行い、この日が7度目の登場だった。

 綱川社長は就任から6月末で丸1年になる。同時に就任した志賀重範・前会長は、メディアやアナリストとの質疑の矢面に立つことなく、早々に辞任した。事態の収拾にあたるなかで一向に改善しない東芝の経営状況に、疲れが一気に噴き出したのだろうか。

監査法人との関係に質問が集中

 その綱川社長への質疑では、決算を承認していないPwCあらた監査法人との関係に質問が集中した。正式な決算発表はいつになるのか、6月末までに提出が義務づけられている有価証券報告書も、延期されるのではないか、という疑問である。

 綱川社長は「現在、監査法人とは双方とも前向きに、決算手続きを協調してやろうと話している」と説明した。決算発表については「速やかに公表したい」と述べ、有価証券報告書についても、「期限までに提出できるよう、最善を尽くしていきたい」と答えた。

 だが、どのように監査法人の承認を得ようとしているか、具体的な説明はない。この状況では、有価証券報告書の6月末までの提出はとても無理と思わせた。

 監査法人の変更を検討しているのか、という質問に対して綱川社長は「その点は当社の監査委員会が独立した権限で決める。監査委員会が何かを決定したことはない」と答えるにとどまった。

会見場となった東芝本社39階の会議室には多くの報道陣が詰めかけた=2017年5月15日、今沢真撮影
会見場となった東芝本社39階の会議室には多くの報道陣が詰めかけた=2017年5月15日、今沢真撮影

非上場の選択肢も「考えていない」

 窮地に追い込まれた東芝の今後について、「上場にこだわらず、あえて非上場にして、再建してから再上場の道を進む選択肢はないのか」という質問も出た。これに対して、綱川社長は「そのへんのところは考えていることはありません」とぼそぼそと答えただけだった。

 こうしたことから、直截(ちょくせつ)的な質問が出た。「法的整理を有効な手段として考えているか」というものだ。これに対して綱川社長は「検討してはいない」と即座に否定したものの、相変わらず、その語気に力はなかった。

 東芝本体の法的整理の可能性についての質疑は、今回が初めてではない。だが、決算発表ができずに漂流するなかで、「まさか」と考えられてきた法的整理が少しずつ現実味を帯びてきた感じがするやり取りだった。

 <次回「国際仲裁裁判所が左右する東芝半導体事業入札の成否」>

「東芝消滅」発売中

 経済プレミアは、東芝の巨額損失の原因や背景を報告してきました。記事をもとに3月25日、「東芝消滅」(毎日新聞出版、税込み1080円)を出版しました。筆者は今沢真・経済プレミア編集長兼論説委員です。書店やアマゾンなど通信販売でご予約ください。

経済プレミア最新記事へ

「もはや死に体?」通期決算も出せない東芝の体たらく

旧村上系ファンドは東芝乗っ取りを狙っているのか?

東芝株を買い進める「旧村上系ファンド」の狙い

監査法人もアナリストも納得しない東芝「大損失の理由」

事業継続に疑問符がついた東芝「四つのリスク」

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…