ラパスは街路も広場も坂ばかり。民族衣装で荷物を運ぶ女性も多い(写真は筆者撮影)
ラパスは街路も広場も坂ばかり。民族衣装で荷物を運ぶ女性も多い(写真は筆者撮影)

グローバル藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

天空都市ラパス 公共交通機関がロープウエーの町

藻谷浩介 / 地域エコノミスト

ボリビア・ラパス編(2)

 富士山頂よりも標高の高い、世界最高所の首都、ボリビアのラパス(憲法上の首都はスクレ)。普通なら市街地にはなりえない急斜面に暮らしが息づく。この空気の薄い町を1日歩き回って実感した「世界一難儀な地形に広がる大都市」のリポートの第2回。

市街地の散歩イコール登山の町

 都心に入って空港バスを降り、まずは宿に荷物を置こうと歩き始めたが、平地とはどうにも勝手が違ってはかどらない。ただでさえ傾斜がきついのに、空気が薄くて酸素が足に行き渡らないものだから、一歩一歩ふらつきながら踏みしめるしかない。せいぜい500メートルの距離を、20分以上かけてようやく宿にたどり着く。

 やれやれ、ここに住めば毎日が高地トレーニングの登山のようなものだ。逆に地元民が下界に下りるとどんな…

この記事は有料記事です。

残り2074文字(全文2416文字)

藻谷浩介

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外95カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ名物のアセンソール(屋外エレベーター)片道15円ほどの気軽な乗り物(写真は筆者撮影)

チリ・バルパライソ 壁画の街で過ごした魅惑の時間

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(4) 2017年3月初旬。飛行機の予約ミスで生じた空き時間に、チリ・サンティアゴから日帰り…

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…

ニッポン金融ウラの裏
東京証券取引所=2015年5月8日、関口純撮影

日本の取引所の国際競争力が高まらないウラ事情

 わが国の資本市場をめぐっては解決が先送りされたままに置かれている課題が少なくない。そのひとつが証券取引所の「国際競争力」である。…

メディア万華鏡
韓国旅客船セウォル号の沈没事故を報じる2014年4月17日付の毎日新聞東京朝刊

日本で「モリカケ映画」は? 米韓映画人が見せる底力

 「世の中が変わった時に真実が明かせるようにこの映画を作りました」。304人の死者・行方不明者を出した2014年の韓国旅客船セウォ…