東芝問題リポート

銀行が東芝を「法的整理」に持ち込まない三つの理由

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝が発表した2017年3月期決算に関する数字。手前は平田政善専務=2017年5月15日、丸山博撮影
東芝が発表した2017年3月期決算に関する数字。手前は平田政善専務=2017年5月15日、丸山博撮影

今後のシナリオ(1)

 米ウエスタン・デジタルから半導体事業の売却に待ったがかかった東芝。債務超過解消の行方に暗雲がたれこめ、混迷の度合いを深めている。5月15日の東芝の記者会見では、記者から「非上場」や「法的整理」の選択肢はないのか、という質問が出た。綱川智社長は「検討していない」と即座に否定したが、「可能性ゼロ」ではなくなっている。非上場や法的整理の道を選ぶと、東芝にはどういう将来が待っているのだろうか。

 現状を整理してみよう。東芝は3月末時点で5400億円の債務超過に陥った。すべての資産を売り払っても…

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1673文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz