東芝問題リポート

瀬戸際・東芝が銀行に「金融支援」を要請する日はくるか

編集部
  • 文字
  • 印刷
2017年3月期の業績見通しについて記者会見する東芝の綱川智社長=2017年5月15日、丸山博撮影
2017年3月期の業績見通しについて記者会見する東芝の綱川智社長=2017年5月15日、丸山博撮影

今後のシナリオ(3)

 企業が業績不振に陥り、身動きがとれなくなった場合、「法的整理」に進む手前の段階で、「金融支援」というステージがある。企業に融資している銀行が、債権放棄を中心とする支援を行い、借金を身軽にして企業を再建する手法である。東芝の場合、この「金融支援」が行われる可能性があるのだろうか。

 東芝の金融支援を論じる際に押さえておきたいのは、今の東芝に対して銀行団が組んでいる支援体制と、債権放棄を伴う金融支援とはまったく別個のものということだ。債権放棄は、銀行にとっては「焦げ付き」だ。融資したお金が返ってこないということで、あってはならない事態だ。

 それだけ特別なことなので、金融支援は一つの企業に2回は行われない。ひとたび金融支援を行い、それでも…

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1653文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz