ニッポン金融ウラの裏

銀行の支店業務の電子化で客の待ち時間は短くなるか

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 銀行業界のデジタル革命がいよいよ本格化する。銀行業界は現在、マイナス金利政策のもとで収益力の悪化に直面し、採算性の改善を迫られている。その一方で、顧客サービス向上への要請は高まるばかりだ。従来のビジネスモデルでは両立しにくかった「採算性の改善」と「サービス品質の向上」という二つの課題の一挙解決に向けて、最新IT技術を生かした業務改革が始まる。

 三井住友フィナンシャルグループが最近明らかにした中期経営計画はそれを如実に物語っている。なかでも、…

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1667文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。