知ってトクするモバイルライフ

UQ、ワイモバイルに対抗するドコモの「無期限割引」

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「ドコモ・ウィズ」の対象はアローズビー(左)とギャラクシーフィール(右)
「ドコモ・ウィズ」の対象はアローズビー(左)とギャラクシーフィール(右)

 これまでのスマートフォンは、購入すると、2年間通信料金が値引かれるのが一般的だった。2年間の分割払いにした代金を、通信料の値引きと相殺した価格は「実質価格」と呼ばれている。

 たとえば、スマホの本体価格が7万円、割引が2年間合計で4万円だとすると、実質価格は3万円になる。スマホ本体から直接値引かれるわけではなく、機種変更や解約をすると割引も打ち切られて合計金額が変わることが“実質”価格と呼ばれるゆえんだ。

この記事は有料記事です。

残り1352文字(全文1556文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。