大型客船が停泊する横浜港の大桟橋=1965年
大型客船が停泊する横浜港の大桟橋=1965年

社会・カルチャー切ない歌を探して

一人酒のわびしさと郷愁「横浜ホンキートンク・ブルース」

森村潘 / ジャーナリスト

 夕方から夜にかけて、ぶらり町を歩くにはいい季節になってきた。横浜・桜木町から“赤レンガ”の方へ向かい、港沿いを行くと大桟橋の付け根に出る。長い桟橋の上をなかほどまでとぼとぼ歩く。海風が気持ちいい。

 左手には、みなとみらいのホテルや大観覧車がまばゆいばかりの光を放つ。右手には博物館として保存されている氷川丸が係留され、つづいて山下公園となる。

 この場所を歩いていてつい口ずさんでしまうのが、松田優作や山崎ハコら名だたるミュージシャンがカバーし…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文1987文字)

森村潘

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。