週刊エコノミスト・トップストーリー

身近になった「フィンテック」で小銭稼ぎもあり?

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷

 知らないうちに自分のお金が投資に回って、資産が増えている--。金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックは、身近なところで投資への流れをつくりつつある。週刊エコノミスト6月6日号の巻頭特集「お金が増えるフィンテック」よりダイジェストで報告する。

電子マネーの“おつり”を投資に回す

 フィンテックのベンチャー、トラノテック(東京都港区)は、買い物をするたびにおつりが自動的にたまっていき、投資に回るウェブサービス「トラノコ」を開発した。

 買い物時、現金で払うとおつりがくるが、スイカやパスモなど電子マネーのカード払いでは、おつりが発生しない。

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文2031文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。