週刊エコノミスト・トップストーリー

名門高校の証「ナンバースクール」のルーツに意外な歴史

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
東京府立第一中学が前身の東京都立日比谷高校
東京府立第一中学が前身の東京都立日比谷高校

 各都道府県で旧制中学の「一中」を前身とする高校は、現在でも一、二を争う名門高校であることがほとんどだ。「一中」は都道府県庁所在地に設立されるのが基本だが、いくつかの例外がある。その理由は、関ケ原の戦いや幕末、明治維新といった歴史と深くかかわっている。週刊エコノミスト5月23日号の巻頭特集「ザ・名門高校」より報告する。(ジャーナリスト・猪熊建夫+エコノミスト編集部)

この記事は有料記事です。

残り2718文字(全文2902文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。