東芝問題リポート

「破産会社への貸付金が1300億円増」東芝の奇々怪々

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見する東芝の綱川智社長(左)と平田政善専務(右)=2017年5月15日、丸山博撮影
記者会見する東芝の綱川智社長(左)と平田政善専務(右)=2017年5月15日、丸山博撮影

 もう20日も前の話になるが、2017年3月期決算の正式発表ができなかった東芝は、5月15日に業績見通しという形で決算の概要を発表した。その発表の席で、東芝の財務担当役員とアナリストとの間でとても気になる質疑があった。3月末に破産申請した米ウェスチングハウスの件が、東芝の財務にどれだけ影響するか、という大事な点に関するやり取りだった。

 5月15日の発表は東京・浜松町の東芝本社39階で行われた。午後2時から綱川智社長が報道関係者向け発…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1607文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz