ベストセラーを歩く

池上彰、佐藤優氏が知の源泉を披露する「最強の読み方」

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷

 この欄で池上彰や佐藤優の本を取り上げたいと思っていた。書店に行けば、この2人の著書が平積みになっているし、中身もなるほど、これは売れるよなあというものが多い。しかし、頻繁に本が出るので、どれを紹介したらいいか迷っていた。

 そんな時に目についたのが、この2人の対談による「僕らが毎日やっている最強の読み方」(東洋経済新報社)だった。池上と佐藤が知の源泉を披露し合っている。今という時代において、私たちが情報をどのように得たらいいのか、参考になる指摘がふんだんにあるのだ。

 池上と佐藤はともに豊かな経験がある。池上はNHK勤務の後、フリーに。テレビキャスターとして、政治や…

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1756文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。