スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

1年間の育休後に男性社員が新規事業を起こせた理由

細川義洋 / ITコンサルタント

 厚生労働省は5月30日、2016年度の雇用均等基本調査(速報版)を公表しました。育児休業を取得した男性の割合は3.16%で、前年度比0.51%の上昇でしたが、政府が目標とする「20年までに13%」には遠く及びません。女性の活躍が企業でも国としても強く望まれる時代に、憂慮すべき数値です。

育休を取る部下に上司ができること

 「しっかり働いて家族を食べさせる」といった考えを持つ男性は、育児のために仕事を数カ月以上休むことをためらうでしょう。育休を取ることで、その間の収入や復帰後のキャリアに不安を持つ人も少なくありません。

 厚労省は、男性が育休を取りやすい環境作りを支援するため、一定期間連続して育休を取得させた事業者に「…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1543文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。