青春小説の系譜

世界滅亡の危機と闘う家族の物語「サマーウォーズ」

鶴谷真・毎日新聞学芸部記者
  • 文字
  • 印刷
作品に登場する旧家・陣内家のモデルになった上田城跡
作品に登場する旧家・陣内家のモデルになった上田城跡

 時は7月終わりの夏休み、舞台は長野県上田市の旧家・陣内(じんのうち)家。16代当主であるおばあちゃんの90歳の誕生日を祝うため集まった大家族が、力を合わせて世界滅亡の危機と戦う物語が「サマーウォーズ」(岩井恭平著、細田守原作、角川文庫)だ。奇想天外で疾走感にあふれている。2009年夏に公開されたアニメ映画「サマーウォーズ」を忠実に小説化した。

 なぜ青春小説かというと、主人公の高校2年生、健二の成長が描かれるからだ。東京都心の高校に通う健二は…

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2107文字)

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。