NAFTA見直し交渉を担当するロス米商務長官(右)。左は、メキシコのグアハルド経済相=米ワシントンで2017年6月6日、清水憲司撮影
NAFTA見直し交渉を担当するロス米商務長官(右)。左は、メキシコのグアハルド経済相=米ワシントンで2017年6月6日、清水憲司撮影

グローバル海外特派員リポート

「米・カナダ対立激化」NAFTA再交渉は難航必至

清水憲司 / 毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

 米国とカナダ、メキシコの3カ国による北米自由貿易協定(NAFTA)見直し交渉が今夏にも始まる。協定見直しを公約に掲げて発足したトランプ政権が5月、米議会に再交渉を始めると通知した。

 再交渉を控え、米国とカナダの間で緊張が高まってきた。当初は米国産のチーズ原料へのカナダ政府の規制といった乳製品をめぐる貿易摩擦だった。その火種は木材、石炭、航空機の貿易摩擦へと拡大している。対立の発端になった米国、カナダ両国の酪農地帯を取材した。

この記事は有料記事です。

残り1755文字(全文1970文字)

清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
記者会見で質問に答える黒田東彦・日銀総裁=2019年1月23日、後藤豪撮影

日銀保有ETF21兆円と「昭和40年不況」の棚上げ策

 日銀がマイナス金利政策を発動して早くも3年になる。いまのところ、日銀がマイナス金利政策を脱却する見通しは立っておらず、金融機関の…

知ってトクするモバイルライフ
3月1日に発売する「トーンe19」。シンプルなミドルレンジモデルで価格を抑えた

「iPhone1台分で1家族」トーンモバイル新端末

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下で格安スマホ事業を展開するトーンモバイルが、新端末「トーンe19」を3月1日に発…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…