ファーウェイの旗艦モデル
ファーウェイの旗艦モデル"P10プラス"。二つのカメラで被写界深度を測り背景を奇麗にぼかすことができる

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

iPhoneを追うファーウェイSIMフリー端末の実力

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 格安スマホと呼ばれるMVNOの拡大にともない、「SIMフリースマホ」が急速に販売台数を伸ばしている。

 なかでも、台湾エイスースや中国ファーウェイのスマホが人気だ。価格のわりに高性能なのが理由で、ファーウェイは東京や大阪に即日修理が可能なカスタマーサポートセンターを設け、アフターサービスにも注力している。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文1826文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。