キャリアセンター ここだけの話!?

どうしても内定をもらえない学生の支援はこれから

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 6月に入って、学生からの内定報告が増えている。守らない企業も多いとはいえ、日本の主要企業が加盟する経団連ルールでは6月から面接解禁なので、総合商社やメガバンク、金融全般、化学、鉄鋼、家電などの大手企業は、今月初めから内定通知を就活生に手渡し、誓約書や承諾書への署名・捺印(なついん)を求めている。

 第1志望の会社から内定をもらった学生は、男子学生でも満面の笑みを浮かべ、私たち大学の就活支援職員の前でガッツポーズを見せたりする。これが女子学生ともなると、電話口で「内定をもらいました」と言うのがやっとで、号泣する者もいる。

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1205文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。