MRJが世界を飛ぶ日

パリ航空ショーにMRJ初参加 三菱の失地回復策は?

編集部
  • 文字
  • 印刷
パリ航空ショーが開かれるル・ブルジェ空港に到着したMRJの試験3号機(三菱航空機提供)
パリ航空ショーが開かれるル・ブルジェ空港に到着したMRJの試験3号機(三菱航空機提供)

 三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が、フランス・パリで6月19日から開かれる世界最大の航空ショー「パリ航空ショー」に初めて展示される。

 パリ航空ショーはパリ近郊のル・ブルジェ空港で2年に1度開かれる一大イベント。三菱航空機は、4機の試験機を米国西海岸のワシントン州モーゼスレーク・グラント郡国際空港に移して連日試験飛行を行っているが、この中の3号機をパリまで飛行させて展示する。

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1751文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz