スキル・キャリア思いを伝える技術

プライドの高い人の文章を手直しするときは要注意

川井龍介 / ジャーナリスト

 他人の書いた文章について、批評や意見を求められることがあります。会社内で、「○○社宛てにメールを書いたんだけど、こんな感じでいいか、意見をほしいんだが」などと、上司に言われるような場合です。

 自分の書いたメールを上司に確認してもらったり、仕事の報告書や社内報に書く原稿を事前に批評してもらったりすることもあります。

 記事を書く仕事をしている人も、原稿のチェックを受けます。チェックの厳しさは媒体によって違いますが、…

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1521文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。