藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

民族と言語のモザイク アゼルバイジャンを藻谷氏歩く

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
カスピ海湖畔の公園から見た火焔タワー(写真は筆者撮影)
カスピ海湖畔の公園から見た火焔タワー(写真は筆者撮影)

 東アジア人種を「モンゴロイド」と呼ぶのに対し、白人種は「コーカソイド」(コーカサス人)と呼ばれる。だがそのコーカサスはどこにあって、日本からはどうやって行くのか? 名前からして白人種の故郷なのだろうけれども、今はアジアなのか、ヨーロッパなのか? 安全なのか、危ない場所なのか? 強烈な個性を持ちながら日本ではほとんど紹介されることのない旧ソ連・コーカサス3国(アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニア)の、行ってみて初めてわかる実像。アゼルバイジャンの首都バクーの第2回。

 モスクワ経由でアゼルバイジャンの首都バクーに着き、空港ですんなりとアライバルビザを入手して入国した筆者。まずは成り金趣味の空港ロビーを検分する。時間は午後7時少し前。出発口には、明朝8時台までに出る計26便の時刻が表示されていた。このコーカサス最大の都市(人口200万人)からは、どこ行きの便が飛んでいるのか。

 国交断絶のアルメニアはもちろん、ジョージア行きの便もこの時間帯にはない。南隣のイラン行きが2便、その西のイラク行きも2便、ドバイ行きが1便。東方面はカザフスタン、トルクメニスタン、パキスタン行きが計4便。ロシア行きも4便(うちモスクワは1便だけ)、そして西にやや離れたイスタンブール(トルコ)行きが最多の6便だ。

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2515文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外114カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。