良い物をより高く売る経営

被災からの復興でにぎわい取り戻す熊本の“二つの懸念”

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
熊本地震の被災地でのイベントに登場し会場を沸かせたくまモン=2016年12月23日、中里顕撮影
熊本地震の被災地でのイベントに登場し会場を沸かせたくまモン=2016年12月23日、中里顕撮影

地震後の熊本と鹿児島の「今」(2)

 昨年4月、地震で大きな被害を受けた熊本県では復興事業が進み、観光客の出足も戻りつつある。地震から1年がたった「今」を、現地を歩いて伝えるシリーズ。今回は、厳しいながらも回復基調が続く熊本県の状況を、熊本市内を中心に見てみる。

 熊本県が6月2日に発表した2017年第1四半期(1~3月)の宿泊客数動向調査によれば、同県の宿泊客数は対前年同期比14.6%減だった。国内客が同7.3%減で前年を若干下回った。地震後の観光客誘致のための「九州ふっこう割」が昨年末に終了した反動が心配されたが、大きな影響はなかったようだ。

 海外客は地震直後に激減したが、元々多かった韓国からのチャーター便復活などで同29.8%減となった。

この記事は有料記事です。

残り2348文字(全文2672文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。