LINEのAI「クローバ」を搭載したスマートスピーカー「ウェーブ」(c)LINE / NAVER
LINEのAI「クローバ」を搭載したスマートスピーカー「ウェーブ」(c)LINE / NAVER

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

LINEのスマートスピーカー「ウェーブ」の発展性

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 話しかけるだけで、LINEに届いたメッセージを読み上げてくれたり、好みに合わせた音楽を再生したりしてくれる──。そんなスマートスピーカーの「ウェーブ」が、秋に発売される。

 開発したのは、スマホの無料通信アプリ国内最大手のLINE。スピーカーは同社のAI(人工知能)である「クローバ」とつながっており、利用者の声を分析。話しかけた内容を理解し、それに応じたコンテンツを提案してくれるのが特徴だ。

 価格は1万5000円。音楽再生に機能を絞った先行版を夏に1万円で発売し、アップデートで正式版として…

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1795文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。