戦国武将の危機管理

北条氏綱の遺言「万事倹約、百姓を苦しめることなかれ」

小和田哲男・静岡大学名誉教授
  • 文字
  • 印刷

 戦国武将が残した家訓や遺言状をみると、ほとんどの場合、華美を戒め、質素倹約を励行するよう言い置いている。ふだんの生活が華美になることを極度に警戒していたことがうかがわれるわけであるが、それは、武将たちの危機管理ともつながっていた。

 どうしても、ある程度の地位になると見えを張りたくなるようで、もちろん、その背景には威厳を示すという必要性もあるわけであるが、その兼ね合いは意外とむずかしい。

 たとえば、城の場合、立派で派手な城を築くことで、相手の戦意を挫(くじ)く効果はある。事実、豊臣秀吉…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1294文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com